アジア・太平洋地域におけるCOP23準備ワークショップに参加

– 9月26日~27日 スバ –

APNは、日本国環境省及び外務省、オーストラリア外務・貿易省、フィジー政府の共催により開催された、アジア・太平洋地域におけるCOP23準備ワークショップ(第26回気候変動に係るアジア太平洋地域セミナー)にて、主な活動を紹介するプレゼンテーションを行いました。

また、大洋州との関係強化を目標に、オーストラリア及びフィジーと個別協議を行い、サモア、マーシャル諸島、ナウル、ソロモン諸島、ツバル及びキリバスを含む太平洋島嶼国と意見交換を行いました。

本セミナーは、COP23の主要議題についてアジア太平洋諸国の理解を促進することと併せ、気候変動枠組条約COP23の議長国であるフィジーの支援を目的として開催され、域内の13ヶ国、及びEU、国際機関等より約 50 名の気候変動に関する担当官・専門家等が参加しました。