プロポーザル募集

気候変動適応研究と減災と損失研究をつなげる新たなプロジェクトを発表

2014年4月30日、カトマンズ、ネパール/神戸、日本 — 本日第8回 IIED Annual Community Based Adaptation Conference にてAPNは気候変動適応研究と減災や災害による損失と被害研究との相互の結びつきに貢献しうる13のプロジェクトへの支援を発表しました。

2014年度の承認プロジェクトが決定いたしました

3月21日カンボジアのシェムリアップで行われました第19回IGM会議にて以下のプロジェクトに対し本年度の助成を行うことが決定されました。この場を借りまして採択された参加者さまへお祝いの言葉を述べさせていただくと共に、惜しくも選考にもれました参加者さまにも引き続きAPNの活動へのご協力と参加をお願い申しあげます。

2013年度の新規および継続プロジェクトが決定しました

APNの意思決定機関であるIGM(APN Inter-Governmental Meeting)にかわりまして、以下の新規申請されたプロポーザルと継続プロジェクトに対して本年度の助成が行われることが決定しましたことをお知らせいたします。4月12日、神戸で行われました第18回IGM会議にて本年度の採択が決定されました。

【終了しました】2012 年度のプロポーザル募集が開始されました。

プロポーザル募集は終了いたしました。今年度は100近いご応募をいただきました。 APNの年次公募プログラムである、地域支援型公募プログラム (ARCP)  と能力開発支援プログラム (CAPaBLE)  のプロポーザル募集が開始されました。この募集は2013年度に行われる助成のためのものです。