地球変動研究に関する情報

GLPオープンサイエンスミーティング2014 ベルリンで開催

GLPオープンサイエンスミーティング2014 – 土地変化:グローバルな取り組みと地域の現状の間で – (2014 Global Land Project Open Science Meeting - Land Transformations: Between Global Challenges and Local Realities -) が2014年3月19-21日にドイツ、ベルリンのフンボルト大学にて開催されます。

論文募集:International Journal of Biotechnology and Food Science(国際バイオテテクノロジーと食品化学ジャーナル)

The International Journal of Biotechnology and Food Science (IJBFS) (国際バイオテテクノロジーと食品化学ジャーナル)はバイオテテクノロジーと食品化学にかかわる数多くの専門分野をあつかう国際的な論文審査をともなう専門誌です。IJBFSが現在、英語で書かれた投稿を受け付けています。

海洋学の発展 バーナード・メグレー博士へ捧ぐ特別寄稿出版物

アラスカ漁業科学センターで海洋生態系動態研究をモデリングと観察の両面からアプローチし研究を続けたバーナード・メグレー博士の精神を受け継ぎ、生態系動態を理解するための最新のモデリング手法とその改良に不可欠なデータを総合的にあつかう特別寄稿版出版物の制作が進められています。現在寄稿を募集しておりますので、以下を読みぜひ応募ください。

Asia-Pacific Forum on Loss and Damage (APFLAD:損失と被害に焦点をあてたアジア太平洋フォーラム)の創設が発表されました

韓国、仁川で3月20日に閉会を向かえた第3回アジア太平洋気候変動適応フォーラムにおいて Asia-Pacific Forum on Loss and Damage (APFLAD:損失と被害に焦点をあてたアジア太平洋フォーラム)の創設が発表されました